保護者失格。一線を越えた夜がPCで読める

保護者失格。一線を越えた夜をPCで読みたいならココ!

 

>>保護者失格。一線を越えた夜をPCで読む

 

保護者失格。一線を越えた夜をスマホじゃなくてPCで読みたかったので探してみるとeBookJapanというサイトが見つかりました。

 

eBookJapanはPC、スマホ、タブレットのマルチデバイスに対応している総合電子書籍サイトです。

 

購入した作品はブラウザや自分の端末にダウンロードしてオフラインの環境でも場所を選ばずいつでも楽しむことが出来ます。

 

保護者失格。一線を越えた夜を前からずっと気になっていて読みたかったのですが、配信しているスマホ漫画サイトは登録すると毎月課金されちゃうのでなんとなく嫌で今まで読めませんでした。

 

eBookJapanはスマホ向けの電子コミックサイトのように月額課金の有料ポイントコースに登録する必要がないので毎月課金されるといったことはありません。

 

しかもPCで保護者失格。一線を越えた夜を閲覧できるということわたしが探していたのはコレだ!と思いですぐに会員登録して購入しちゃいました~

 

月額課金されるのが嫌で今までスマホで電子コミックの利用を諦めた人もeBookJapanなら好きなときに好きな分だけ電子コミックを買い切りで楽しめちゃいます♪

 

またeBookJapanはでは購入金額に応じてポイントが貰えるので次回電子書籍を購入する際に1pt=1円で利用できてお得です。

 

購入した保護者失格。一線を越えた夜の閲覧期限もeBookJapanなら無期限なので一度購入してしまえばあとは会員出いる限り購入した作品はずっと楽しむことが出来ます。

 

スマホの漫画サイトなどでは閲覧期限が3ヵ月や1年に設定されていて、その期限を過ぎるとまた同じ作品を読み返したいときに再度お金を支払う必要があるのでちょっと勿体ない気がしますよね。

 

支払方法についてはクレジットカード決済の他、楽天銀行などのネットバンキング、WebMoneyやBitCashなどの電子マネーが使えるのでdocomo、au、softbank等の大手キャリアと契約していなくて格安スマホを使っているという人も利用しやすいですね。

 

会員登録自体は無料でPCから出来るので、セキュリティーの面でも安全です。

 

スマホだとどうしてもウイルスの脅威に対してPCと比べると隙が多いのでカード情報などをスマホで直接入力するのはやっぱり不安ですよね。

 

さらにeBookJapanでは一度カード情報を登録してしまえば次回からは入力する必要はなくamazonのようにワンタッチで電子書籍を購入できるようになります。

 

閲覧方法がPC、スマホ、タブレットとマルチデバイスに対応しているのも総合電子書籍サイトのメリットだと思います。

 

場所に合わせて色々なデバイスで楽しめるので暇な時にちょっと読みたいというときには便利です。

 

保護者失格。一線を越えた夜は現在9巻まで発売されている人気のTL漫画なのでまだまだ長期連載してほしいですね♪

 

 

保護者失格。一線を越えた夜 PC版1巻ネタバレ

 

会社の同僚と一緒に帰宅した叔父さんを満面の笑みで出迎える姪のちづる

 

ただいまと頭をポンと撫でられ、うれしくて思わずはにかんでしまう。。

 

幼い頃両親を不幸な事故で亡くし、天涯孤独の身となったちづるを引き取ってまるで叔父さんの本当の娘のように大切に育てられた。

 

時がたつのは早くあれから12年…

 

ちづるは二十歳の女子大生になり、今や立派な大人の女性へと成長していた。

 

 

ちづるは叔父さんに対し家族愛を超えた感情を抱いていることをずっと以前から自覚していた。

 

(わたしは叔父さんのことが好きで好きでたまらない…)

 

叔父さんの存在が強すぎて二十歳になる今までずっとおなじ年頃の男の子を恋愛対象として見ることが出来なかったちづる

 

そして叔父と姪2人の今までの親子のような関係に変化が起きるキッカケとなる出来事がこの日起こってしまう…

 

叔父さんが同僚に渡す書類を自分の部屋に取りに行っている間、ちづるは同僚をリビングに案内して軽い食事を用意する

 

叔父さんの同僚と何気ない会話をしている中で、ちづるがさっき叔父さんを出迎えた時の話になり

 

さっきはまるで本当の親子みただったと言われ激しく傷ついたちづるは思わずテーブルにあったビールグラスを一気飲みしてしまう…

 

“親子なんかじゃない、わたしはもう子供じゃないよ、親子みたいって言わないで”心の叫びを上げるちづる

 

普段ほとんどお酒を飲まないちづるはそのまま酔いつぶれて気を失ってしまう

 

目覚めるとそこには心配そうな表情を浮かべている叔父さんの顔が…

 

洋服はすでにパジャマに着替えさせらていた

 

いつまでたっても叔父さんにおって私は子供扱いなの??

 

叔父さんは私のことをどう思っているんだろう…

 

わたしのこと娘以上の感情を抱いてくれているのかな

 

そういった疑問がいくつも頭に浮かんでは消えていく…

 

今日はもう寝なさいと叔父さんに言われそのまままどろみながら眠りについた翌朝、いつもと変わらない態度の叔父さん

 

しかしその日の夕方、2人の親子関係の一線を超えてしまう出来事が起こってしまう…!?

 

この続きは保護者失格。一線を越えた夜 PC版の本編でお楽しみくださいね♪